ある男の視点3

 ロンドンにあるアビー・ロードはずいぶん
な観光地になっているらしく、ウェブカメラ
で二四時間中継されていた。
 母が出て行った頃から、親父はよくその動
画を眺めるようになった。
「その気になりゃ、オレは明日にでもここに
いけるんだぜ」
 と親父はよく言った。でもあいつがその映
像に映り込むことはなかった。
「いつだってここにいけるんだ」
(改頁)
 あんたはそこにはいけねぇよ、と内心で応
えながら、オレは愛想笑いを浮かべていた。

       ※

 母はクリスマスに、スニーカーを送ってく
れた。
「たくさん履いて、ぼろぼろにしてね」
 と母は言った。
「また買ってあげるから、好きなだけ走り
(改頁)
回ってね」
 オレは嬉しかった。本当に。それはどこに
でもいける靴なのだと思った。
 でもオレは、そのスニーカーを箱に入れた
ままベッドの下にしまい込んだ。たまに、夜
中にひとり、部屋の仲でそのスニーカーを履
いてみたことはある。でも外にはでかけな
かった。
 オレは親父を怖れていた。
 もしあいつに、このスニーカーのことがば
(改頁)
れたらきっと、ひどく叱られる。すぐに捨て
られてこれはオレのものじゃなくなる。そう
わかっていた。だから履けなかった。
 でも、そんな警戒は無意味だった。
る日学校から帰ってみると、オレのス
ニーカーはなくなっていた。通いの家政婦に
みつかって捨てられたのだとわかった。





  • 最終更新:2014-08-15 03:30:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード